Read Article

ベテランテニスプレーヤー|フットワークの秘訣

ベテランテニスプレーヤー|フットワークの秘訣

ベテランテニスプレーヤー|知っておきたいフットワークの知識

1、動き出す(止まる)ためのフットワーク

スプリットステップ

スプリットの名の通り足をスプリット(割る)させます。
けっしてジャンプすることではありません。
足を左右に割るために飛び下がるという方が近いかもしれません。
上がる動作より下がる動作を意識することです。
方向を変えるときに必要なステップです。

アジリティステップ

主にサービスやリターンからのネットプレーに移行する時に
スプリットステップからボールを打つまでの調整のための細かなステップです。

スライドステップ

オム二コートやクレーコートではコート上で滑ることが出来るので
それをうまく利用します。
スライドすることで距離を稼ぎ
滑り終えたところでストップするといった具合です。
ポイントはまだ打点から離れている遠いところから
早めにスライドし始めることです。

ある程度の下半身の筋力的な強さとバランスが必要になります。

2、ボールとの距離をつめる(離れる)ためのフットワーク

サイドステップ

コート内での動きで一番重要なステップです。
フットワークの基本がサイドステップといっても良いでしょう。
細かく調整できます。右側に動きたいときは右足から動き出します。

クロスステップ

早く移動したいときに使います。最初の一歩目で使うと効果的です。
右側に動きたいときは右足を左足側に引き寄せて左足から動き出します。

ランニングステップ

コートの遠いところに打たれたボールを打ちに行くときには
まず打つ事よりもボールのところに行くことが先決です。
普通に走る!走る!走る!
走るのですが上体はしっかり捻った状態をキープして下さい。
少し窮屈に感じるかもしれませんが、走ってからしっかり打てるように準備をします。

こんな動画を見つけました。

バックステップ

あまり使う場面はないかもしれませんがいざという時に使えるといいですね。
例えばフォアハンドに回り込む
バック側に上がったロブをオーバーヘッドで打つ・・・・
全体的には回り込んで打つ時に使うステップです。
ランニングステップ同様、上体の準備が重要です。

3、打球するときのフットワーク

余裕がある状態であれば別ですが、ラリーやゲームの時は相手のボールが厳しかったり
時間的には余裕がない場合が多いですね。
その微調整を上体でやらずに足で行うようにします。
上体の形は変えずに重心を前足、後ろ足に移動しながら調整します。

ダブルステップ

足を早く止めようとせずに、最後まで足を動かしています。
ラケットを振り出す直前に後ろ足をステップしてスイングします。
ステップのタイミング
ボールがバウンドするタイミングとインパクトのタイミングの
半分のところのタイミングでステップを入れます。
前足でも後ろ足でもどちらでもOKです。

コラム

意地悪なボール

試合中に相手が打つボールは、 意地悪なボールが多いですね。

相手は自分が有利になるようにボールを打ってきます。

あなたはその意地悪なボールをミスをしないように返球しなければなりません。

例えば球だしされたボールのように、やさしいボールなど1球もありません。

球だしされたボールは、なぜやさしいのか?
それは常にボールがあなたに向かって一定のリズムで飛んでくるからです。

わざとリズムを変化させて球だしする場合もありますが
それはリズムの変化に対応するという目的があるときです。

実際のラリーやゲームでは、中々一定のリズムではボールは飛んできません。

ショボいボールが来たと思ったら
たまに速いボールが飛んできたりします。

要はリズムがまちまちで打ちづらいのです。

こちらの打つリズムが崩れてミスになってしまったり
相手にチャンスボールを出してしまったり。

厄介で少し油断すると、たちまち相手にポイントを与えてしまうことになります。

勘違い

プロの試合を見ていると凄い早いボールを打ちあっていて、一見2人の選手が1球づつ交互にボールを決めあっているように見えます。

特に初心者の方々(特に男性)はそのイメージが強すぎるのか
入る確率の低い打ち方で、とにかくボールを強く引っぱたいてしまう事が多いようですね。

しかし実際プロの試合をみると、彼らはとてつもなく高いレベルで
お互いにボールを繋ぎ合っているにすぎないのです。

ボール自体の速度に合わせて、打つタイミング自体も早くなっています。

ボールが速くなった原因は、主にバイオメカニズム(運動連鎖の解析)の発達とラケットの素材および形状(ラケットフェイスの大型化とフレーム形状・厚みの変化)の進化でしょう。

相手とのラリーの均衡をキープするためのショットのスピードが
運動解析の発達とラケットの進化により飛躍的にアップしたのです。

プロのスイングとフットワーク

我々は、ついプロのスイングばかりに目がいってしまいがちですが
よく見るべきはプロのフットワークです。

現在のテニスはベ-スラインプレーといわれるグランドストロークでの打ち合いが主流です。

ネットプレー主体の試合展開が主流の時代もありましたが、現在ではあまり目にしなくなりました。

それはグランドストロークのスピードがあまりにも速く
ネットプレイのみでは勝負出来なくなった為です。

プロの選手はあの速さの中で、1回の打球動作で5回以上の調整動作を行っていると言われています。

ほとんど無意識の動作の中でそれこそ一瞬の出来事です。

我々の感覚だとせいぜい2,3回ですが
初心者に至っては間違いなく最初の当たりをつける脚の動作で終わっていると思います。

股関節から

不安定なタイミングで動かなければならいテニスは、一旦置いた軸足を股関節から動かすようにします。
そうでなければ、ボールに追いつき良い打球を打ち返すことはできないのです

コツはテイクバックからフォワードスイングに移る直前の切り返しのタイミングで
決めていた軸足を股関節から動かしてリズムをとることです。

ボールを打つときに打点やタイミングを微調整するのに
上体ではなく足で調整することです。

最近脚を動かすのがチョット億劫になってきた中高年のかたは、ぜひ試してみてください。

きっとまた以前のように見違えるような美しいフットワークのテニスができること請け合いですよ!
にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

テニスランキング
クリックおねがいします

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top