Read Article

ベテランプレーヤーがテニスの試合に勝つ方法

ベテランプレーヤーがテニスの試合に勝つ方法

ベテランプレーヤーがテニスの試合に勝つ方法

スライス系ショット

スライス系ショットの利点

守備範囲を広げることができて更にラリーを自分のペースに持ち込むことが出来ます。
滞空時間を稼ぐ事ができ時間をコントロールすることで相手とのラリーを有利に支配できるのです。
キーワードは攻めつつ守る、守りつつ攻める。
他にもまだまだスライス系ショットの利点はあります。

スライス系ショットをベテランプレーヤーに薦める理由

相手のボールをトップスピンで返球するときには、伸び上がったり振り上げたりと重力に逆らった動きが多くなります。
パワーが必要になり、体力を温存したいベテランプレーヤーには必ずしも有効なショットとはいえません。

そこでベテランプレーヤーにお薦めなのがスライス系のショットです。
トップスピンが当たり前のご時世ですが、トップスピン全盛の今だからこそ
スライス系ショットが生きてくるのです。

薦める理由は何と言っても同じフォームから前後左右に打ち分けられる事。
そして比較的安定したボールがあまり体力を使わずに打てること。
特にトップスピンの高いボールを肩口で打つ事に慣れている若いプレーヤーにとって
滑るスライスボールを苦手にしている人は意外に多いのです。

スライス系ショットの種類

ベテランプレーヤーに沢山使っていただきたいショット。

・アプローチショット
・ドロップショット
・スライスロブ
・両手打ちバックから片手スライス
・アングルボレー
・フォアスライス(サイドスピン)
・クォ-タ-スライスサーブ
・カットボレーetc
詳しい記事はコチラ

フットワーク

フットワークの重要性

フットワークはテニスの中で忘れられやすいスキルの一つです。
フットワークが崩れれば当然テニス全体が崩れていきます。
自分のテニスは崩さずに相手のテニスをフットワークから崩していけるように
まず基本的なフットワークをマスターしていきましょう。

フットワークの種類

・スプリットステップ
・アジリティステップ
・サイドステップ
・クロスステップetc
詳しい記事はコチラ

考えるプレー

ゲーム中に終始、優先順位をつける

1、あなたが動かされるとバランスが崩れてミスが出やすくなります。
いかに自分が動かずに相手を動かすか
ポイントは配球です。

2、オープンコートを作らないようにします。
打ってからの自分のポジショ二ング
ポイントはポジショニングです。

3、ボールに色々な変化をつける。
スピン系とスライス系・ゆっくりと速く・深くと浅くetc
組み合わせを使って相手のリズムとバランスを崩します
ポイントは変化です。

4、フィニッシュする。
目的は点を取ることです
その状況になったと判断出来たら積極的に点を取りに行きます。
ポイントは思い切りと冷静なコントロールです。

以上の4つの状況を判断してその場に合ったショットを打っていきましょう。

ゲームの流れを読む

1セットのゲームの中でも勝敗の流れが変わる場面が必ずあります。
勝っている時は、その流れを相手に有利にならないようにしなくてはなりません。
負けている時は何とか相手から流れを引き戻したいですね。

勝っている時にはやり方を変えずに
負けている時には、それまでの発想を変えて闘ってみることです

コラム

昔と今

現代テニスはスピード、パワーで
ひと昔前のそれとは比べものになりません。

急速に発達した素材の変化で
反発力が格段に増したラケットの進化、
それにより打ち方や戦略・戦術も変わってきたのです。

昔のプロ選手と今のプロ選手とでは、
体格や身体能力にも大きな差があり、
現在では勝つために
より大きなパワーとスピードが必要になりました。

現代テニスはスピード、パワーで
ひと昔前のそれとは比べものになりません。

テニスにおける様々な環境が一変したのです。

個人的にはフェデラーのテニスまでは理解できますが、
ナダルのテニスは私には理解できません。

理解できないというのは「見て分からない」というのではなく、
「自分がプレイする立場に立ったときの感覚として理解できない」
ということです。

自分がプレイする時のことを想像すると
ナダルのショットは異次元そのものです。

戦略戦術

例えば私と20歳の若者が
1セットマッチのシングルスの試合をするとしましょう。

私は現在55歳で、動くスピード、打つパワーも
20代の頃に比べると格段に落ちています。

打球スピードのロスになるしスタミナロスにもなるので
あまりたくさんボールにスピンをかけたくありません。

スライスショットを使いながらラリーをします。

動ける範囲も狭くなっているので
できるだけ早いタイミングで打って
相手のボールの勢いがなくならないうちに、
ボールを打つようにします。

角度をつけて配球すると、
凄まじいスピンボールでクロスコートに切り返されたり、
ダウンザラインに打ちこまれるので
センターに緩く深いボールを送り続けて甘くなった返球に角度をつけて
ライジングで低く打たなければなりません。

厚いグリップで打つグランドストロークは
高いボールをひっぱたくのには都合がよいのですが、
低いボールをすくい上げるのはあまり得意ではないのです。

このあたりが基本的な戦術になるでしょう。

勿論、戦略や戦術が全てを凌駕するわけではないし、
スピードやパワーが不要であるとか、
重要でないと言っているわけでもありません。

ただ戦略・戦術の上にスピードやパワーが乗っかっている形でないと
自分よりそれらが勝る相手と相対した時には、たちまち太刀打ちが出来なくなるのです

トーナメント

草トーナメントでは通常オープンで行われますが、
オフィシャルな試合は年齢別のカテゴリーがあります。

ジュニア・一般・35才・40才・45才・・・・・
というように5才刻みでカテゴライズされています。
(ジュニアではまた別の年齢カテゴリーになります)

中高年にとっては同じ土俵で試合ができるのだから
年齢的なハンディキャップはありません。

しかし、比較的近い年代で行われる公式戦も、
やはり実力差は当然のことながらあります。

自分よりスピードのある相手・自分よりパワーのある相手と
試合をすることになったときに、
いかにその相手の弱点をついて、せり勝つかがポイントになります。

テニスの本質

テニスというスポーツは、例えば陸上競技のように
必ずしも一番速く走れる者、一番遠くまで投げられる者、
一番高く跳べる者が勝つ競技では無いのです。

勿論、基本的なスキルや必要最低限のフィットネスは必要です。

その上で一番大事なことは、それと同じくらい
メンタルやタクティクス(戦術・戦略)が
モノをいうということです。

きちっとした戦略・戦術の上にのみ
本当にカッコいいテニスは存在します。

決して行き当たりばったりなテニスでは無く、
戦略・戦術の上に構築されている。

しかも粘り強く、ドロくさくプレイする。

それこそがテニスの本質だと、私は思っています。

だから相手がどんなにスピードがあり、
パワーも兼ね備えている一見ジョコビッチや錦織やマレーのように
見えたとしてもけっしてビビる必要はないのです。

要はスピードやパワーのみに頼りすぎずに、
戦略・戦術を重視した狡猾なテニスをすればよいのです。

マッケンロー先生のお言葉

昔、読んだジョン・マッケンローの本に
こんな文章が書いてありました。

「私はジュニアのころから、身体の大きな年上の相手や自分より
テニスの上手いヤツと試合をするときも、いつもこう思っていた。」

「コイツは見た目ほど強くはない!!」

試合に入る前にあなたも目の前の相手に、
心の中でつぶやいてみて下さい。

コイツは見た目ほど強くはない

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

テニスランキング
クリックお願いします

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top