Read Article

中高年のテニス|リターンのポイント

中高年のテニス|リターンのポイント

中高年のテニス|リターンのポイント

タイミングを合わせる

サービスは縦振りのショットなので、斜めに回転しながら入ってくることが多いです。
リターンする時には慎重さと大胆さが必要になります。
スピードがあり回転量も多いサービスは少し厄介ですね。

リターンの最大のミッションは返すことです。
リターナーはその事に100%集中すべきです。

コラムにも書きましたが、ただ返すだけではなく目的を持たせて返球することが大事ですね。

そのためにはも基本的にコンパクトなスイングを心がけます。

スプリットステップの2種類のタイミング

サーバーの打つ動作にリターンを合わせていくタイミングは2パターンあります。

1つ目はサービスのインパクトの直後にスプリットステップの着地を合わせるパターン。

2つ目はサーバーのトスアップの時の重心の上下動に合わせるパターン。

出来ればファーストサービス、セカンドサービス、相手のサービスのスピードなどに応じて使い分けていきます。

リターン時のグリップチェンジ

リターンはとにかく時間がないので、被利き手の使い方がポイントになります。
グリップを緩くしておいて被利き手でグリップを回します。
最初に待つグリップはフォアでもバックでもどちらでも良いと思います。
私の場合はバックで待ってフォアの時にチェンジします。
その方がバックをスライスで返すか、ドライブで返すかの選択がしやすいのです。
個人差があるので試してみて決めてください。

肩をターンする

スプッリトステップからサービスの軌道が判断出来たら肩を回してリターンします。
ポイントはフォアかバックかに加えて、ボールの高さ、弾み具合の判断も同時に行います。
スプリットステップのあと少しアジリティステップを入れたほうが良いです。
近い遠いの判断よりも高い低いそして逃げる、差し込んでくるの判断が重要です。

速いサービスはスピードはあっても曲がりは小さいので、高さと打球の方向の対応だけで充分です。

スライスサーブやスピンサーブは単にターンの時のラケットをセットする高さの対応だけでは不充分で、ターンしながらボールの変化に脚を動かしながらテイクバックをして打っていきます。

踏み込む

リターンが不安定な場合は軸足を決めてからの踏み込みを忘れないようにします。
踏み込むことでスイング自体が全体的にコンパクトになるからです。
特にフォアは打ち終わるまで良い姿勢を保つのがコツです。

リターンの目標

打つコースはシングルスでもダブルスでもクロスコートが基本になります。
速いサービスも遅いサービスも両方得意になりましょう。
コンパクトなスイングでボールを叩けるリターンを目指したいですね!

コラム

リターンとレシーブ

スポーツの種目によってその呼び名は違いますが、
大体同じ場面や意味で使われています。

テニスでは相手のサービスに対して打つショットを
「リターン」と呼びます。

TV中継などで見るバレーボールは「レシーブ」といっていますね。

少し前の話ですが、RIOの卓球の時も
解説者の方は「レシーブ」とおっしゃっていました。

その種目の歴史的背景や、
言語的な意味合いもあるのかもしれません。

何となく聞き流してしまいがちですが、
このリターンとレシーブ

それなりの違いがあると思うのです。

これは私見ですが。

レシーブはコチラの意思に関係なく
相手のサービスに対して何らかの反応する行為。

リターンは相手のサービスに対して
許す範囲の時間であったり距離の中で、
コチラの意思を込めて反応する行為と捉えています。

例えば相手の凄いスピードのフラットサービスを
コンパクトにブロックして返球する。

そこにはリターナーの取りあえず返球しておいて
まずラリー戦に持ち込もうとする意思が感じられます。

また高く跳ねるスピンサービスに対して
バウンドした直後のボールをコート内にポジショニングし
スライス気味に相手コートに深く打ち返す。

そこにもそのままネットに詰めていき
低く滑るボールに対して下から上に打ち上げてくる相手のパスを
ボレーで仕留めようという意思が見えてきます。

相手の浅くてフワッとした、ひょろひょろセカンドサービスを
何故か相手に向かって力任せに叩き込む!!
(プレーヤーレベルの試合では絶対にあり得ませんが…)

そこにも取りあえずですが
結果へアプローチしようする意思は感じられます。

どんな返球をするかは別として、
そこには必ず自分の意思が込められている。
そのあとの展開を視野に入れた戦略めいたものが見える。

これがリターンだと思うのです。

ナダルのリターン

少し前になりますが印象に残っているシーンは、RIOの3位決定戦での錦織が放った
マッチアップになったナダルへのボディへのサービスです。

あの瞬間のナダルは、もうすでにメンタルは終わっていましたよね。

錦織の魂のこもったサービス(私にはそう見えました、確かに)に対して、
ナダルはリターナーではなく単なるレシーバーになりさがっていたのです。

様々な状況の変化に対して、いかに上手く対応していけるかがテニスの肝です。

ボールに対しても、
コートコンディションに対しても、
相手の攻め方・守り方に対しても、
周りの環境、相手からの精神的な揺さぶりや、
その日の自分のコンディションに対してだってそうです。
いかに自分が対応していけるか!
それがとても大事だと思うのです。

戦略的に試合をする。決して簡単ではありません。

でもそれが今のあなたの本当の実力を、
活かしきる唯一無二のやり方なのです。
にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

テニスランキング
クリックおねがいします

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top