Read Article

中高年のテニスでサービスのときに気をつけること

中高年のテニスでサービスのときに気をつけること

中高年のテニスでサービスのときに気をつけること

1、グリップ

コンチネンタルグリップ

サービスのグリップは、前後の方向に力の入るストロークのグリップではなく
上下方向に力の入るコンチネンタルグリップが良いですね。

サービスは腕を回旋させながら(回内・回外)ラケットヘッドのスピードを
加速する打ち方なので、やはり薄いグリップのほうが良いのです。

中高年のテニスプレーヤーの方から
「ボールを前に打つのだから厚いグリップのほうが打ちやすそうですが?」
と尋ねられたことがあります。
しかしそれでは腕が回旋する可動範囲が狭くなり
充分なヘッドスピードが得られません。

だんだんと肩甲骨周りが固くなってくる年齢。

その結果、スピードのあるボールや
スピンの効いたボールを打つことがむずかしくなります。

ですから中高年プレーヤーには尚更のこと
コンチネンタルグリップをお勧めします。

2、スタンス

スクエアスタンス

両足のつま先を結んだラインが打ちたい方向に向くように構えます。
ベースラインに対して横向きを作り、肩のラインもターゲットに向くようにします。

中高年の方には
極端なオープンスタンスや
クローズドスタンスはお勧めしません。
なぜならズバリ!
身体に負担が掛かるからです。

3、テイクバック

テイクバックのタイミング

リラックスした構えからゆっくりとテイクバックをとります。
ラケットを下から回すようにしても良いですし
コンパクトに担ぐようにしても問題はありません。

両手のバランス

トスを上げる左手(右利きの場合)とラケットを持っている右手を
バランス良く使います。

やじろべいのようなイメージでバランス良くトロフィーポーズを作ります。

重心移動とリズム

自分の取りやすいリズムとやり方で重心移動できればOKです。
前足から後ろ足、そして前足。
或いは後ろ足から前足。どちらでも良いです。

NGは重心移動をせずにサービスの打球動作に入ってしまうことです。
リズムが乱れやすくなりますし、身体が緊張しやすくなるためです。

4、トスアップ

ボールの持ち方

とにかく全体の動作をリラックスさせることが大事です。
ボールを力いっぱい握っていてはリラックスしたサービスを打つ事は出来ません。

掌全体をお皿のようにしてボールを乗せる。
人差し指、中指の2本にボールを乗せ親指を添える。
コップを持つような手の形を作り、その上にボールを乗せる。

けっしてボールを握りしめたり掴むように持たないこと!
手先ではなく腕でバランス良くトスアップしましょう!

トスを上げるタイミング

NGは後ろから前に重心移動しながらするトスアップ。
これはトスが乱れます。
必ず前足に身体の重心を乗せた時にトスアップをします。

5、トロフィーポーズを作る

手首に角度をつけ、肘を直角に保つ

トロフィーポーズを作った時に
頭の後ろで腕とラケットがカタカナのコの字になる形を作ります。

手首に角度をつけることで打球動作中に
グリップが厚くなるのを防ぎます。

サービスは手首が伸びきる直前にインパクトするのが理想です。

あらかじめ手首に角度をつけておいて
ラケットを振り上げるときに起きる
遠心力により自然に手首が延びていく状態がベストです。

肘を直角に保つ理由は、この角度を保つことで肩の筋肉の緊張がとれてバランスが良い状態になり、
肩が一番安定する位置にくるからです。
この位置のことを0(ゼロ)ポジションといいます。

それにより、以降の動作をよりリラックスさせることが出来るのです。

重心を前足の母指球に乗せる

トロフィーポーズを作った時に重心を前足の母指球に乗せます。
ロケットが天高く打ちあがる瞬間の噴射口のように、そこからすべての力の始まる場所になります。

6、上に向かって振る

インパクトでボールを点ではなくゾーンで捕らえる

トロフィーポーズで頭の後ろに作ったコの字を肩を入れ替えながら
徐々に腕を回旋させながらインパクトします。

インパクトはここという一点でではなく腕が伸び切るまでのどこかで
ボールを打つといったイメージであくまでもゾーンでボールを捕らえましょう!

コラム

ファーストサービスを入れていかなければいけない理由

すべてのショットにいえることですが
まずリラックスしてバランスよく打つ事が大切です。

強く、速いサービスを打つ事を目指すにしても
スピードはなくともコントロールされたサービスを目指すにしても

一連の動作のなかでボールにスピンをかけて
ねらった方向に打ち出すことが出来るスキルを身につけたいですね。

やたらエースばかり狙っていったり
ただひたすら同じようなコース、速さ、球種のサービスを打ち続けるのは
あまりクレバーなテニスとは言えません。

ゲームをするときにはコースや速さ、球種あと出来れば深さの4つの要素を
上手く組み合せてサービスを打っていきましょう!

サービスはビギナーからベテランまで、誰もが悩むショットです。

特に中高年になってくると筋力や、身体の柔軟性が衰えてくるので
若い時には打てていたボールが打てなくなってきます。

そのレベルごとに悩みどころは違うと思いますが、
安定したファーストサービスを打てるように練習をしていきましょう!

なぜファーストサービスを入れていかないといけないのでしょうか?

それはリターナーの心理状態の問題なのです。
相手は当然ファーストサービスに対しては警戒してポジションを下げて
打ち方も確実な方法でリターンをしてきます。

ところがセカンドサービスは、ポジションを上げ緩いサービスとみるや
こちらにプレッシャーをかけるようなリターンを打とうとするわけです。

本来はサービス側は攻撃。リターン側は守りのはずがセカンドサービスでは
そのパワーバランスが微妙に変化するのです。

消極的な心理状態の相手に対して、少し抑え気味のファーストサービスを確実に打つリスクと
強気になっているリターナーに対してダブルフォールトを気にしながら打つセカンドサービスを打つリスクだったら
あなたはどちらを取りますか?という話です。


絶対に前者ですよね。

だからすべてのポイントでとは言いませんが、セーブしたファーストサービスを入れていったほうが
そのポイントを取る確率は確実に上がるのです。

これ絶対覚えておいて損はありません。
にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

テニスランキング
クリックおねがいします

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top