Read Article

ベテランテニスプレーヤーが使うべき10種類のスライス系ショットは

ベテランテニスプレーヤーが使うべき10種類のスライス系ショットは

目次

ベテランテニスプレーヤーが使うべき10種類のスライス系ショットとは

なぜボールにスライス回転をかけるのでしょうか?
それはボールにコントロールとパワーを与えるためです。
コントロールはわかるけど、スライス系ショットにはパワーはないでしょっ!
ブログを読んでいるあなたに突っ込まれそうですね。
確かにトップスピンのようにボール自体にはパワーはありません。
スライス系ショットには、その使い方次第で総合的にあなたのテニスのパワーをアップさせることが出来る力があるのです
スライスに限ったことではありませんがショットは基本的に回転をかける
あるいは回転のかかる打ち方をするというのが基本的な考え方です。

テニスの技術の中でスライスほど、技術の差が明確にあらわれるショットはない

一般プレーヤーで他のショットは巧いのにスライスが下手という人は見かけるが
スライスが上手いのに、他のショットは下手という人はあまり見ません。
スライスの評価は凄いショットというよりは、やはり巧いショット、美しいショットということになるでしょう。

そしてテニススクールや他のテニスコート上でのレッスンでは
スライスの打ち方を基本から徹底的にきちんと教えている場は少ないのではないでしょうか。

スライスショットの重要性

パワフルなショットが主流になっている現代テニス。
その傾向は今後も変わることはないでしょう。
スライスショットの重要性もそれに伴い変わることはありません。
ぜひスライスの技術を磨きたいものです。

本物のスライス

「効果的なスライス」が大事です。効果がなければ意味がないのです。
テニスのゲームの中でどうやって活かしていくのか?
中途半端なスライスは、相手に取ったら絶好のチャンスボールです。

バックハンドスライスストローク

バックハンドスライスストロークの使いどころ

グランドストロークのラリーの中でペースを変える・スピンを変える・パワーよりバランスを重視して返球したい時などに使います。

バックハンドスライスストロークの打ち方

肘を中心に腕を伸ばしながら、インパクトのタイミングでリストを使うことでよりシャープにスイングをします。
以前は腕を伸ばし大きなバックスイングから、ゆったりとしたスイングでボールをラケット面に乗せるようにして打つというのがスタンダードとされていました。
現在のバックハンドスライスストロークは、バックスイング時に肘を曲げコンパクトなスイングで打つのが主流です。

スライスボレー

スライスボレーの使いどころ

ボレー全般で使うショットです。
特に低めのボールに有効で、長さのコントロールや相手の速いボールに対しては
ゆっくりと返したり浮いたボールに対しては相手の足元にビシッと安定したボールを打つことができます。
ファーストボレーには必須なショットです。

スライスボレーの打ち方

グリップはコンチネンタルグリップ。
上手く打つコツは一見するとフォア・バックともにコンチネンタルなのですが
フォアであれば小指側の手首に近い部分を微妙にフォアのイースタン側へ
バックであれば小指側の手首に近い部分を、グリップの8つのプレートの
一番上を向いた部分に当て打つ事です。
ボレーは対応する時間が非常に短いので、ただ当てるだけになりがちです。
上から下への小さなスイングを使って対応します。
上向きの面に当たったボールが勝手にアンダースピンがかかって
飛んでいってしまったという感じです。

アプローチショット

アプローチショットの使いどころ

相手のボールがサービスラインより短かければGOです。
たまに相手のボールが短いのに中々ネットに出ない人がいます。
これは完全に機会損失です。
ただ見極めなければいけないのがその短くなった相手のボールがやっと返してきたようなヘロヘロなボールなのか?
ブロックしたボールなのか?
トップスピンの短く落ちてそこから弾んでくるようなボールなのか?
しっかりと判断をして対応することが重要です。

アプローチショットの打ち方

アプローチショットは相手の短くなったボールに対して、ネットプレーに移行する時の繋ぎのショットです。
繋ぎといっても、ただ単に繋いでネットに出たのでは相手のパスの餌食になるだけです。
次のボレーやオーバーヘッドで有利な展開に持っていけるような効果のあるアプローチショットを打たなければなりません。
ただし、無理にチャンスボールを決めに行くような感覚で打ってしまうと次のボレーが上手くいきません。
スライス回転をかけてコントロール重視で打っていきましょう。
相手コートに深く打つために前への動きがポイントになります。
肩を横向きにして動きながら打たなければいけないのでやはりスライス系ショットで打つのが良いですね。
立ち止まって打つというよりは、一気に打ってしまうイメージのほうがボール自体も切れて効果があります。

ドロップショット

ドロップショットの使いどころ

錦織選手の映像がTVで頻繁に流れるようになりました。
この場面一度は見た方もいると思います。
強烈なショットを打って相手がやっと返してきたボールを
回り込んでのとどめの一発!と見せての対角線のネット際にポトリ。
カッコイイ!!
最高ですよね。
いわゆるフェイクというやつです。
フェイクショットについての詳しい記事はコチラ
もちろんドロップショットの打ち方自体も非常に大事なのですが
もっと大事になるのがそれをいつ使うのか?
どこで伝家の宝刀を抜くのか?
ビッグポイントといわれるゲームの行方を左右するような大事な場面で使って
初めて力を発揮するようなショットなのです。

必ずコートの中で踏み込んで打てる場面で使いましょう!
不利な状況では絶対に使わないでください!

ドロップショットの打ち方

有利な状況で使う事と打つ前に必ずフェイクを入れる事です。
・肩を入れること(フェイク1)
・股関節をしっかり入れること(フェイク2)
ここまでやれば大抵の相手は重心が後ろに下がります。深く打たれることを予測するからです。
・肩を入れながらグリップチェンジをする。
フォアハンドは薄っぺらいカードを持つように極薄のグリップです。
親指と人差し指をピタッとつけた状態で握ります。
バックイースタンではありません。(カードグリップ)
バックハンドも極薄グリップです。こちらはフォアのイースタンで結構です。
・インパクトでグリップを強く握らない。
・上向きの面でボールの下に添えるようにラケット面を入れる。
・飛ばしたボールの軌道の最高地点がネットより自分側に来るイメージでラケットを止める。
ボールの下をそぐようにという方もいますがインパクトで止めるイメージで
インパクト後に肩が入るといったほうが正しいです。

スライスロブ

スライスロブの使いどころ

スライス系ショットの強みとして
同じフォームから様々なショットが打ち出せる
とお伝えしてきました。
例えばディンクショットと
(アンダースピンをかけて緩いボールを相手ボレーヤーの足元に沈めるショット)
スライスロブはとても良い組み合わせです。
ネットにいる相手ボレーヤーに対してギリギリまで引きつけて
ショートクロスとストレートにスライスロブを上げる。
相手からすると打たれる場所が分かればそんなに怖くないショットでも
どちらに来るかぎりぎりまでわからないショットは嫌なものです。
スライスの戦略でいうと組み合わせて使うというのは重要なキーワードです。

他にも処理できる時間がない時に
相手が打ち込んできたハイボレーやオーバーヘッドを
スライスロブで切り返し時間を稼ぎます。
前後左右に振られてコチラに時間的な余裕がなく
立て直すための時間が欲しい時にも同じです。
テニスを始めたての人、特に男性にはあまり好まれないショットかもしれません。
でもスライスロブは戦略的にはとても重要なショットになります

スライスロブの打ち方

ロブにはスライスロブのほかにトップスピンロブがあります。
2種類ともどちらかというと打ち方というより
しっかりとしたボールの軌道がイメージできるか
というところが大事です。
打ち方は面を自分が上げたい角度にセットします。
高く上げたいのであれば面は限りなく真上に向きます。
そして低く出したいのであれば面は限りなく垂直に近くなります。
そのままグリップを水平に押し出します。
単純な動きですが迷いづらく
ロブを上げ慣れていない人には有効な打ち方です。
ロブは守りの要になります。
不利な状況になってもロブを保険のような考えでいれば
思い切りテニスができるのです。

両手打ちバックから片手スライス

両手打ちバックから片手スライスの使いどころ

両手打ちの人が遠いボールや前の短いボールを処理するとき
どうしてもいつもの両手打ちでは対応しきれなくなります。
トップスピンよりも広い範囲を守ることが出来るのに加えて
ペースを変えたりドロップショットが使えます。
身体の中心から遠いところにあるボールの処理
応用を効かせないといけない時のボールの処理

両手打ちバックから片手スライスの打ち方

片手打ちのスライスの人はテイクバックは両手で行い
ラケットを振り出す時には片手です。
しかし両手打ちの人はいつもは両手で
スライスは片手でというわけにはいかないものです。
ですからインパクトまでは両手で行い
インパクト後は片手でフォロースルーを長くとるようにしてみます。
まずバックボレーの感覚を確認しましょう!
その感覚のインパクトにテイクバックと長いフォロースルーを足していきます。
後ろの肩は一緒に回転させたほうがコントロールしやすくなります。

会員制サイト Tennisレスキュミー
会員登録無料!
登録された方には分かりやすいテニステキストプレゼント中!

アングルボレー

アングルボレーの使いどころ

アングルボレーはダブルスで多用します。
もちろんシングルスでも使いますがシングルスでは比較的長いボレーを使います。
ダブルスはすべてのショットを短く使う事が多いのです。
よってアングルにプレースメントすることが多くなるわけです。

アングルボレーの打ち方

アングルボレーは遠くへ飛ばす必要のないショットです。
しっかりと手首を立てて腕からラケットの先までを
壁や板のようにして当てていきます。
ボールを打ちにいくのではなく
あくまでもラケットにボールが当たる
といったイメージを持つことが大事です。

加えて当たるときに若干ラケットを立てたまま
外側へゆっくりとスライドさせて行くと更に良いです。
手首はまっすぐかフォアであれば掌を内側に折り
バックであれば手の甲側を外側へ折るといった使い方も必要になります。

フォアスライスサイドスピン

フォアスライスサイドスピンの使いどころ

サブタイトルにフォアハンドスライスサイドスピンと表記しています。
実際にフォアのスライスを打つと体の構造上
ボールの回転はサイドスピンになります。
利き肩がネット方向に対して後ろにあるために
スイングの際利き肩が前に出るときに腕は若干外側から内側に向かってフォロースルーされます。
そのためサイドスピンがかかります。
フォアハンドストロークはあくまでもメインになるのは
ドライブからトップスピンと順回転系のボールです。
しかしフォアハンドスライスはとても重要です。
なぜならばフォアでも攻撃一辺倒というわけにはいかないわけです。
後ろ重心のディフェンスだけでも良いのですが
できればそこにフォアのスライスが入るとペースを変えたり
スピンを変えられるとなお良いです。

アプローチショットやドロップショットなどの攻めるショット。
色々な使い道を考えるとフォアハンドスライスは是非マスターしたいショットです。

フォアスライスサイドスピンの打ち方

ボレーする時のグリップを使い、上からしっかり抑え込んで打ちます。
ゆっくり乗せるようにして打つのではなく
カットしていくようなイメージでボールを弾きます。
打った後のボールは弾まない横に変化するので
相手のリズムも崩れやすくなります。
ボールに横回転をかけるのですがインパクトでは
ボールの下をえぐるような感じで
前にしっかりフォロースルーします。

先程フォロースルーは横方向にされていくと書きました。
結果としてそうなりますが意識はあくまでも前へです。
その方がエッジの効いたボールになります。

クォ-タ-スライスサーブ

クォ-タ-スライスサーブの使いどころ

右利きであればデュースサイド、左利きであればアドサイドから
サイドラインの浅いところを狙って打ちます。
センターを狙って食い込ませるのも良いですね。
スピードより回転量重視で俗に言われる
「やらしい」サーブになるようにします。

いつも使うのではなく忘れたころ使うのがミソです。
たまに打たれる事を考えるとやはり嫌なものです。

クォ-タ-スライスサーブの打ち方

通常打っているスライスサービスより
薄く当ててフォロースルーをななめに長くとります。
インパクトポイントは少し低めにした方が腕が斜め(クォ-ター)に出て
サイドスピンの量が増します。

カットボレー

カットボレーの使いどころ

多くは女子ダブルスで見かけるショットです。
特に並行陣を縦守りしているペアは確実にこなしているショットです。
主にボレーでネットにいる時に打たれたロブに対して返球する時に使います。
打ち込むのではなくロブの軌道をそのままなぞるようなイメージで深く返球します。

カットボレーの打ち方

しっかりと顎を上げ横向きが崩れないようにボールの落下地点に入ります。
インパクトで面がかぶらないように少し上向きの面で返球します。
ポイントは面のかぶりを防ぐ目的からインパクト前後に
ラケットを内側から外側(インサイドアウト)に振り出します。

まとめ

1バックハンドスライスストローク
2スライスボレー
3アプローチショット
4ドロップショット
5スライスロブ
6両手打ちバックから片手スライス
7アングルボレー
8フォアスライスサイドスピン
9クォータースライスサーブ
10カットボレー

コラム

バーラミ・ノアvsマッケンロー・ルコント動画

昔懐かしい面々のダブルスの映像です。
凄いメンツですね。見どころは4人のボレー戦です。
特にバーラミとマッケンローのスライス系ショットを良くご覧になってください!
この記事のまとめのようなゲームでスライス系ショットのオンパレードです!

会員制サイト Tennisレスキュミー
会員登録無料!
登録された方には分かりやすいテニステキストプレゼント中!

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

テニスランキング
クリックおねがいします

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top